社会人や未経験、主婦・主夫からプロのメイクアップアーティストになるには?3ステップで紹介【専門学校の選び方~授業内容もあり】

        

社会人や未経験、主婦・主夫からプロのメイクアップアーティストになるには?3ステップで紹介【専門学校の選び方~授業内容もあり】

最終更新日:2021年07月09日

大好きなメイクを仕事にしたい! そんな思いを持っている方は多いはず。ただ、具体的に何をすればプロになれるのかを疑問に思われている方は多いでしょう。

この記事では、まったくの未経験者でもプロになれるのか?メイクアップアーティストになるにはどんな学校・スクールに行けばいいのか?をそれぞれ3ステップで解説しています。

未経験でも社会人でも主婦・主夫でも…諦めなくてOK!

ニューヨークメイクアップアカデミーなら
自宅でもプロのメイク技術が学べます

社会人・未経験・主婦・主夫のわたしでもプロになれる?

社会人・未経験・主婦・主夫でも関係なくプロになれます!

実は、メイクアップアーティストになるために絶対必要な資格はないのです。美容師のように、国家資格である美容師免許を持っていないとなれないというようなことはありません。

メイクアップの技術やスキルさえあれば、その日からプロのメイクアップアーティストを名乗れるのです。

プロのメイクアップアーティストになるまでの3ステップ

プロのメイクアップアーティストになるには、資格などは必要ありません。以下のステップを踏むことでプロになれます!

自分がなりたいメイクアップアーティストをイメージする

一口に、メイクといっても種類はさまざま。デートメイクや就活メイク、舞台用のメイクやテレビや雑誌用のメイク、さらには特殊メイクまで……。

プロのメイクアップアーティストは、すべてのメイクをするわけではありません自身が得意とするメイクを持っていて、それをいかせる現場で活躍
しているのです。

ですから、まずは自分がどのようなメイクをするメイクアップアーティストになりたいのか?ということを明らかにしましょう。デートや就活といった日常のメイクをできるようになりたいのか、テレビや雑誌といったマスメディア業界で活躍したいのか。なりたい将来を具体的にイメージするのが大切です。

こちらの記事では今大活躍中の有名メイクアップアーティストを紹介しています。
ぜひあわせてご覧ください。

なりたいメイクアップアーティストになるためのメイク技術を学ぶ

将来像をイメージできたら、活躍したい現場で必要なスキルを習得していきます。スキルを手にする方法としては、以下の3つがあります。

  • 専門学校などのメイクの学校に通う
  • 独学でスキルを習得する
  • メイクアップアーティストのアシスタントとして働く

確実にメイクアップアーティストになれるのは、学校に行くことです。

独学、あるいは、アシスタントとして働くことで技術やスキルを学び取る方法もありますが、これらの方法は現実的には難しいといえます。

独学では客観的な評価がもらえませんから、ひとりよがりなメイクになってしまいがち。メイクアップアーティストのアシスタントとして働きながら、実践的に学ぶ場合は、客観的な評価を得ることができます。しかし、メイクアップアーティストのアシスタントは募集していることが少ないので、伝手がないと難しいといえるでしょう。

ポートフォリオを準備し就職活動をする

技術を習得できたのならば、就職活動をしていきます。この際に、必要になるのがポートフォリオです。ポートフォリオとは、作品集のようなもの。今までに自分が手がけてきたメイクの写真を冊子としてまとめたもので、このポートフォリオを就職希望のサロンなどに提出します。

専門学校などに通っていれば、ポートフォリオも学校で作成してもらえます!

無事、技術やスキルを認められたら、プロのメイクアップアーティストとして活躍していくことが可能です。

なんの資格もない…それでもメイク専門学校に入れる?

プロのメイクアップアーティストになるには、客観的な評価やポートフォリオが必要になってきます。独学でもスキルは身につきますが、主観的でひとりよがりなメイクしかできなくなっている可能性も……。さらに、独学でポートフォリオを作るのはかなり難しいです。やはりメイクを学べる学校に入るのが一番です。

メイクの学校は、メイクが好き!という思いがあれば、誰でも入れます。技術を習得する場なので、初心者大歓迎としている学校がほとんどです。

ただし、専門学校の中には美容部員がステップアップするためのスペシャルなコースを設けている場合も。そのようなコースは、初心者ではついていけないので注意しておきましょう。

プロを目指すならまずはメイク専門学校選びに力を入れて

プロを目指すならまずはメイク専門学校選びも慎重に行うようにしましょう。自分が活躍したい場のスキルが身につく学校かどうか?という点を意識しながら選ぶと良いです。

たとえば、特殊メイクはしたいのならば、特殊メイクや映像メイクに力を入れている学校を選びます。また、メイクだけでなくヘアカットなどもできるメイクアップアーティストになりたいなら、美容師免許も取れる学校を選びましょう。

また、通学日時などで選ぶのもおすすめです。メイクの専門学校は、夜間部や土日のみのコースが存在します。社会人で平日の日中に学校へ通えないのならば、通学日の自由度の高い学校を選ぶと良いでしょう!

こちらの記事ではおすすめの学校をまとめて比較検討できるようになっています。
ぜひあわせてご覧ください。

プロを目指せるメイク学校の選び方

メイクを教えてくれる学校は、四年制大学・短期大学・専門学校・無認可の専門学校(スクールや研究所という呼称)とさまざまです。数ある学校からどこを選べばいいのかは、以下の3つのポイントに注目していれば間違いありません。

自分がやりたいことを教えてくれる学校を選ぶ

メイクアップアーティストと一口にいっても、その活躍の場はさまざまです。ブライダルの現場でハレの日のメイクをする人もいれば、サロンや美容室でデートや就活といった日常のメイクを行っている人もいます。さらには、撮影現場で芸能人を相手にメイクをしたり、特殊メイクをしている人も……。

活躍の場がたくさんあるメイクアップアーティスト。

学校を選ぶうえで大切なのは、自分がどのような現場で働きたいのかを決めておくことです。そして、将来就きたい分野の技術を教えてくれる学校を選んでいきます。

「こういう場所でメイクをしたい」「こういう仕事がしたい」と具体的な将来像を描くことで、自然と行きたいメイク学校がしぼられてきます。

学費の安さなど、経済的事情で選ぶ

プロを目指せる学校は、4年制大学もあれば無認可の専門学校までさまざまです。そして、学費も高い学校から安い学校までさまざま。

4年制大学となると年間の学費が100万円を超えることもあります。学費を気にせずに学校に通えるという家庭は少ないのが現状でしょう。

どれくらいの金額ならば学費に回せるのかといったことをきちんと意識して、予算にあった学校を選ぶようにしましょう。また、一部の学校では特待生制度といって優秀ならば学費を免除してもらえることもあります。そのような制度も調べながら、経済的状況に見合った学校を選びましょう。

1年制や通信などきちんと通える学校を選ぶ

メイクの学校に来るのは、現役の高校生だけではありません。美容業界に転職希望する社会人の方や、子育てが落ち着いて再就職を目指す主婦の方などさまざまです。

このような需要に応えるために、メイクの学校は1年制や半年、さらには通信講座など、さまざまな修業年限や学び方を設けています。さらに、社会人のために土日のみのクラスや夜間クラスなどもあるのです。

メイクの学校は、きちんと卒業できなくては意味がありません。修業年限や開講時間を気にして、無理なく通える学校を選ぶようにしましょう。

オープンキャンパスや体験レッスンにも参加してみよう!

メイクの勉強をする上で、施設設備の充実度はかなり大切です。学生時代から、実際の現場に近いプロユーズの施設や設備で学んでいれば、現場に出ても戸惑うことなく即戦力として活躍することが可能だからです。

施設や設備のレベルはパンフレットなどではつかむことができません! オープンキャンパスや体験レッスンで、きちんと確認しておく必要があるのです。

また、オープンキャンパスや体験レッスンに参加すれば、その学校と自分の相性を把握することもできます。講師の教え方や在学生の雰囲気などをチェックして、自分が通う姿をイメージできるかを確認してみてください。

事前に確認!メイク専門学校やスクールの授業内容の例

メイク学校の授業は、座学・実践・応用の3本柱で構成されることが多いです。

座学・・・メイクの理論を学ぶ

入学したばかりのころに学ぶ内容です。骨格や皮膚の仕組みや化粧品の成分や効果、法律に関することを勉強します。ファッショントレンドや流行などについても映像を交えた講義で学んでいきます。また、接客スキルやビジネス英語などを学ぶこともあります。

実践・・・基礎的なメイクテクニックとフォトテクニックを学ぶ

座学で身につけた知識を現場で生かすために、基礎的なメイクテクニックを学びます。スキンケアのテクニックや年代別のメイクの仕方、カラーコーディネートなど基本的なメイクの技術を磨きます。また、ポートフォリオ(作品集)作りのためにフォトテクニックも学びます。

応用・・・将来就きたい職業のためのテクニックを学ぶ

基礎的なメイクを学んだら、将来のためのテクニックを学んでいきます。映画などで用いられる特殊メイクやセラピーメイクなどの中から自分の専攻を選ぶことになります。メイクだけでなく、着付けや撮影テクニックなどを学ぶこともあります。

まとめ 未経験でもスキルを身につければメイクアップアーティストとして活躍できる

メイクアップアーティストには、国家資格がありません! 極端な話になりますが、どんな人でもメイクアップアーティストと名乗って働くことができます。

ただし、現場で活躍するためには、メイクの知識や技術を有していることを客観的に証明しなくてはなりません。ですから、まずはメイクの学校に通うのがおすすめです。

専門学校は、未経験でも入学できます。数か月で修了できたり、土日だけの通学可としている学校も多くあります。自身のなりたい将来像を叶えてくれて、ライフスタイルとも合致する学校を探してみるようにしましょう。また、自分にあったメイクの学校を選ぶためには、自分が将来なりたいものをきちんと意識しておくことが大切です。

また、パンフレットなどでは分からない雰囲気も、学校選びには大切! オープンキャンパスにも積極的に参加してみてくださいね!