目標にしたい有名メイクアップアーティスト・ヘアメイクアップアーティスト23名紹介

        

「アフィリエイト広告」等の広告が掲載してある場合があります

目標にしたい有名メイクアップアーティスト・ヘアメイクアップアーティスト23名紹介

最終更新日:2023年11月13日

あなたが目指したいと思う、憧れのメイクアップアーティストは誰ですか?どんなメイクを手掛ける人ですか?この記事では、有名メイクアップアーティスト23名の詳細とメイクの特徴などを詳しく紹介します。

  • 河北裕介(かわきたゆうすけ)
  • 小田切ヒロ
  • IKKO
  • MOTOKO
  • イガリシノブ
  • 嶋田ちあき(しまだちあき)
  • 久保雄司(くぼゆうじ)
  • 計良宏文(けらひろふみ)
  • 山本浩未(やまもとひろみ)
  • 松浦美穂(まつうらみほ)
  • 植村秀(うえむらしゅう)/シュウ ウエムラ
  • 千吉良恵子(ちぎらけいこ)
  • 長井かおり
  • 藤原美智子(ふじわらみちこ)
  • 本田ヒカル/ピカ子
  • 濱田マサル
  • カズ・ヒロ(辻 一弘)
  • 兵藤小百合(ひょうどうさゆり)
  • SHOKO
  • かじえり
  • ALISA
  • ウォン・ジョンヨ
  • 岸順子

未経験でも社会人でも主婦・主夫でも…諦めなくてOK!

ニューヨークメイクアップアカデミーなら
自宅でもプロのメイク技術が学べます

目次

河北裕介(かわきたゆうすけ)・・・ナチュラルメイクの神様!

ナチュラルメイクの神様とも呼ばれているメイクアップアーティストです。肌そのものがキレイに見えるようなメイクを心がけており、20代~30代の若い世代から圧倒的な支持を集めています。

19歳からヘアスタイリストとして活動を開始し、23歳でヘア&メイクアーティストになりました。究極の美人は“雰囲気のある人”であるとし、トレンドよりその人の個性を引き立てて「似合う」を見つけるアプローチをするメイクが特徴です。その人らしさを大切にするメイクは「河北メイク」と呼ばれ親しまれています。

モデルや女優から絶大な支持を集めていて、数多くの雑誌モデルのメイクを担当。定期的にメイクアップショーも開催されているだけでなく、最近では企業とタイアップして、「&be」というブランド名でメイクアップ道具も販売しています。

主な著作

  • 河北メイク論
  • ただの美人にならなくていい。“最高の私”になればいい 読む河北メイク
  • 河北大人メイク論

公式サイトなど

Instagram:河北裕介(@kawakitayusuke) • Instagram写真と動画

メイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

30代に入ってから肌のコンディションが良くない日が増えたなと感じていて、メイクでごまかすのではなく厚塗りしなくても美しく見えるようになりたいと思っていた時に河北裕介さんのメイクアップを見て参考になるなと感じました。肌そのものが綺麗に見えるようなメイクというコンセプトが自分にはぴったりだと感じたし、トレンドを追いかけて無理をするのではなく自分に似合うメイクを探すことが大切なんだなと思いました。美しくはなりたいけれど、自分らしく輝くためにはどんなメイクが良いのかというポイントの説話もわかりやすかったし、専門用語など難しい単語を使うことがなく素人にも理解しやすい説明で、とても参考になったなと感じています。
(女性/30代)

河北裕介さんのメイク動画をYouTubeでよく見て、河北さんがプロデュースされている「&be」の商品も買って参考にしています。私はよくYouTuberさんとコラボされている動画を見るのですが、普段のメイクをブラッシュアップしてきれいにするものでもガラッと違ったメイクでいつもと違う雰囲気にするものでも本当に変わっていてメイクのやり方の重要性を感じます。河北さんは普段自分だったらこんな色は使わないなというカラーのものでもわかりやすく使い方を説明して、普段メイクでも違和感なく自然にきれいに見せるやり方を教えてくださるので本当に参考になります。また、そういう風にしてみようと思っても実際に買ってみようとするとどれを選んだら良いのかがわからなくなりますが、河北さんは自身のプロデュース商品を使ってやっているので真似しやすいので助かります。メイク動画でのお話も硬くなりすぎずに楽しくしてくださるので、見ている側も楽しくメイクを学べます。
(女性/20代)

より詳しい河北裕介さんの情報は、こちらの記事でご覧いただけます。

社会人でも未経験でもメイクアップアーティストになる方法はこちらの記事で解説しています。

小田切ヒロ・・・顔メタボを解消する小顔メイクが特徴

小田切ヒロさんは17歳後半に資生堂美容技術専門学校に入学。ヘアサロンに就職し、さまざまな経験を踏むうちに、トータルで女性をキレイにしたいという想いを抱き始め、アーティストブランドの美容部員に転身。

美容部員に転職後、メキメキと頭角をあらわし、売り上げナンバーワンに成長。働くうちに、スキンケアの重要性に目覚め、顔メタボを解消してくれる「小顔マッサージ」や「小顔メイク」を開発。今では、「小顔王子」の愛称で親しまれています。

主な著作

  • 大人のキレイの新ルール 捨てる美容
  • 小田切流小顔道 自分でつくるキレイで、人生を変える
  • すべてを手に入れた女には3つの顔がある: 愛・名声・美貌…女の人生攻略メイク術
  • 美容中毒

公式サイトなど

公式YouTubeチャンネル:HIRO BEAUTY CHANNEL
Instagram: hiro.odagiriさん / Instagram

メイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

小田切ヒロさんのYouTubeチャンネルをよく観ています。スキンケア、眉毛の描き方、洗練された肌の作り方など、ひとつひとつのコンテンツが細分化されていて見応えがあり、どの動画を観ても丁寧でわかりやすい解説をされているのでためになります。お話が上手で聞き取りやすいのでいつまでも観ていられるチャンネルで、プロのメイクテクニックをもったいぶることなく教えてくれるのはすごいと思いました。特に眉毛の描き方、今の流行りの眉の形などのコンテンツは、ブラシの使い方やアイブロウアイテムを使うときの力の入れ具合や角度など細かく丁寧に解説されていて、動画を観ながらメイクをすると眉をバランスよく描けるので、毎日のように再生しています。
(女性/30代)

いつも小田切ヒロさんの動画をyoutubeで見ています。元々メイクやスキンケアが大好きなのですが、30代半ばになり、使うアイテムやメイクの仕方がマンネリしてきたなと感じていました。しかし小田切ヒロさんの動画では最新のメイク方法やアイテムを積極的に紹介していて、こんなメイクの仕方があるんだ!とか、このアイテム使ってみたい!というアグレッシブな気持ちがひさしぶりに湧いてきました。実際に小田切ヒロさんが紹介するテクニックやアイテムを使ってみると、納得することばかりで本当に勉強になります。まだまだ私も美へのモチベーションを高く持っていけるな、と背中を後押しされています。あと小田切ヒロさんのポジティブな考え方も、とても素敵です。
(女性/30代)

より詳しい小田切ヒロさんの情報は、こちらの記事でご覧いただけます。

IKKO・・・内側から潤うメイクが特徴!

タレントとしてのイメージが強いIKKOさんですが、一流の美容家でもあります。北九州美容専門学校を卒業後、高級美容室「髪結処サワイイ」で8 年間修行の後、ヘアメイクアップアーティストを目指して独立。アトリエ「IKKO」を立ち上げて、多くの芸能人や女優のメイクを手がけるようになりました。

雑誌の表紙をはじめ、テレビやCM、舞台等のヘアメイクを通してIKKO 流「女優メイク」を確立。艶肌水光メークと呼称される内側から潤うようなメイクが特徴です。

美容家としてだけでなく、2007年ごろからバラエティ番組へ出演するようになり口癖の「どんだけ~」が流行語大賞にノミネートされました。現在は、美容家として活躍するだけでなく、振袖をはじめとした様々な商品開発、執筆や講演による後進の育成など、活躍の場を広げています。

主な著作

  • IKKOの振袖ロマンティック
  • IKKOウェディング――永遠のガーリッシュウェディング
  • 超オンナ磨き〜美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール
  • IKKO女の法則
  • ミラクルビューティ シェイプアップ 美脚革命
  • IKKOキレイを磨くin韓国
  • IKKO キレイの魔法
  • IKKO 美人道
  • 脱・コンプレックス
  • 男にも読んでもらいたい オンナ塾

公式サイトなど

公式HP:IKKO|美しさは日々の心の持ち方次第〜♥♥♥
Twitter:LOVE_IKKOさん (@LOVE_IKKO) / Twitter

メイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

さまざまなテレビ番組で見せてくれる、周囲を思わず笑顔にするエネルギーあふれる姿が大好きです。番組に出演していると、思わずチャンネルを合わせてしまう存在です。また、キャラクター立ちすぎているがゆえに忘れられがちな気もしますが、美のカリスマとして出演している番組で紹介する美容術は本当に参考になります。特に印象深かったのが、2020年6月頃に放送されたバラエティ番組で紹介されていた、明日からマネできる最新メイク講座。自分自身これまでうまく使えていないと感じていたコンシーラーの塗り方で紹介されていた「面相筆」を思い切って買ってみたら、これまでより上手にコンプレックスをしっかり隠せるようになりました。この先もバラエティへの出演だけでなく、美容術も積極的に発信していってほしいです。
(女性/30代)

IKKOさんのメイク講座や動画は、女性には当然良いと思うのですが、スキンケアなど男性が参考になることも多いので好きでよく観ています。「そうなんだ」と学ぶことも多く、IKKOさんは化粧の仕方やスキンケアだけを大事にしているのではなく、綺麗に見せる座り方や歩き方のアドバイスをしてくれているのも、男性が観ていても面白いところです。綺麗に見せるのは女性だけではなく、男性も見せたいと思っているので、とても参考になっています。IKKOさんのようにスタイルが良いのは、外見だけではなく、内見からきっちりしているのだなとテレビ番組を観たり、記事を読んだりする度に感じています。これからも、IKKOさんのメイク講座や動画を観て、自分磨きの参考にしていきたいと思っています。
(男性/30代)

MOTOKO・・・複数のファンデーションを使ったメイクが特徴

日本だけでなく、ハリウッドでも活躍し続けるメイクアップアーティストです。女優チャン・ツィイーさんやクリスティー・メッツさん。プロゴルファーのミシェル・ウィーさんに、歌姫のマライア・キャリーさんなど、数々の有名人のメイクを担当してきました。

日本で6年間銀行勤務の後、結婚し渡米。銀行員を続けながら、メイクの勉強を本格的にスタート。その後、プレステージエージェントを経て独立。

複数のファンデーションを使って顔の凹凸を強調するような独自のメイクテクニックが特徴です。現在は、テレビなどの仕事に加え、セミナーや専門学校の講師として、後進の育成にも力を注いでいます。

公式サイトなど

公式HP:Gallery – Motoko Makeup Artist オフィシャルサイト
公式インスタグラム:MOTOKO(@makeupbymotoko) • Instagram写真と動画

メイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

彼女の素肌をいかしたメイクが印象的です。ナチュラルなツヤがあり、奥行き、立体感があります。いかにもメイクアップをしているという印象ではなく、自然でとても美しい…それでいて気になる部分は厚塗りしていないのに、きちんとカバーできています。また、ポイントメイクでは、眉と目もとがオリジナリティーが際立ちます。品があって女性らしく、かつフレッシュでヘルシーなイメージがありました。これまでトレンドばかり追及していましたが、メイクの基盤となるメイクアップ術も忘れてはならないと改めて感じました。また、彼女の自然体の生き方も素敵だと思います。まったく違う土俵にいながら努力を重ねて夢を実現させるその姿勢が強くて頼もしく、影響されました。
(女性/40代)

MOTOKOさんといえば、現在のアーティストとしての姿もさることながら、そこまでに至るそのキャリアもまた異色なことでとても印象的なお方です。もともと日本で6年間銀行に勤務されたのちに結婚し渡米をされたということですが、アメリカでも銀行員としてのキャリアを続ける一方でメイクアップに関するの勉強を本格的に始められ、メイクアップアーティストにキャリアチェンジされています。現在はアメリカの数多くの女優に信頼され、ハリウッドでも認められるメイクアップアーティストとして活躍されていますが、雑誌での特集でお見かけした”メイクには技術だけではなく、マインドやコミュニケーションスキルも大切”というふとした言葉がとても印象的で、メイクで悩んだ際はふと思い出しています。
(女性/20代)

イガリシノブ・・・ナチュラルな色気が特徴!

「女子を絶対に可愛くする」をテーマとするメイクアップアーティスト。モデルからの絶大な支持を集めていて、SNSでもメイクについて詳しく発信しファンを増やしています。

母校は、バンタンデザイン研究所で、一年間の留学も経験。アシスタントとして2年間働いたのち、2005年に有名美容室BEAUTRIUMに就職。「MORE」「ViVi」「VOCE」といった有名ファッション誌のメイクを手がけ、ナチュラルな色気を生み出す「イガリメイク」を生み出しました。

さらに、2016年には40代といった年配の方を若々しく美しく見せるメイク術「イガリ的メイク」も考案。2018年には、コスメブランド「WHOMEE」を立ち上げ、マルチに活躍されています。

主な著作

  • イガリメイク、しちゃう?
  • ハレの日のイガリ的ヘアメイク (別冊家庭画報)
  • イガリ印 365日メイク図鑑
  • イガリ化粧 ~大人のためのメイク手帖~
  • あいすくりーむとじょし
  • 裏イガリメイク、はいどうぞ
  • 化粧劇場 わたしたちが本当に知りたいメイク術

公式サイトなど

公式インスタグラム:イガリ シノブ(@igari_shinobu) • Instagram写真と動画
公式YouTubeチャンネル:イガリメイク IGARIMAKE – YouTube

メイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

イガリシノブさんはAmazon prime TVのbeauty the bibleにゲスト出演されているのを観て、まずそのあっけらかんとした人柄がとても魅力的だと感じました。
教え方も、適当に〜や雰囲気で〜という感じで、特にこうしなきゃいけない!という決まりがなく自由にメイクを楽しめる雰囲気がありました。
緻密に計算されたメイク、というよりは直感のまま、感覚を大事にされている印象ですが、仕上がりは繊細で細やかな気遣いを感じるものになっていて驚きます。
またイガリさんのメイクは肌や瞳、唇に潤いが感じられる湿度の高いメイクが多く、じゅわっと内側から水分がにじみ出るようなジューシーさを感じられます。色気と子供っぽさとか入り混じった、小悪魔的魅力を引き出すのが得意な印象を受けました。
(女性/30代)

鼻が低いことをコンプレックスに感じていて、どうやったら高く見えるのかやマスクで隠すなど高く見せるか出さないかでいつも悩んでいましたが、イガリシノブさんはコンプレックスを隠さずにチャームポイントに変えるという点がすごいなと感じました。コンプレックスも受け入れて全て自分の良いところだと考えるように、前向きになることが出来たのでありがたかったです。シンプルというわけではなく、透明感があってナチュラルに見えるメイクというのも今時で良いなと感じました。沢山塗りたくっても綺麗になることはできず、いかにシンプルに可愛く見えるようにしていくことができるのかという視点で考えられるようになったし、違和感のないメイクができるようになりました。
(女性/30代)

さらに詳しいイガリシノブさんの情報は、こちらの記事をご覧いただけます。

\メイクのプロをめざすなら/
メイク留学も就職もフォローしてくれるニューヨークメイクアップアカデミーがおすすめです。

嶋田ちあき(しまだ ちあき)・・・個性を活かすメイクが特徴!

嶋田ちあきさんは、化粧品のプロデュースなど幅広い分野で活躍されているメイクアップアーティストです。最初は、舞台の演出家を志していたものの、ヘア・メイクの勉強が必要と考えメークアップアーチスト学院に通い始めます。その後、メイクの魅力に気づき、メイクアップ・アーティストのアシスタントとして働き、みるみる才能を開花させアシスタント専任期間6ヶ月という異例の早さでプロデビュー

独立後は、テレビ業界を中心に活躍。女優やモデルのヘアメイクを多く手がけましたが、なかでも、松田聖子の人気絶頂期を支えたことで有名です。メイクされる人の個性を無視せず、活かすことを大切にしたメイクが特徴。

主な著作

  • 「美」のレッスン
  • ベースメイクの掟
  • アイメイクの掟
  • 嶋田ちあきエイジレスビューティ
  • 嶋田塾

公式サイトなど

公式サイト:vierge(ヴィエルジュ)公式サイト | ヘアメイクアップアーティスト集団

メイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

嶋田ちあきさんが出ていたYouTubeを拝見しました。その回は、ベースメイクについてお話しながらベースメイク術を教えてくれていました。そこでコスメ選びに為になる情報も惜しげもなく発信されていて、すぐにコスメをデパートまで選びに行ったくらいです。
ベースメイクって、なんとなくファンデーションを乗せればいいと思っていたし、時短になるオールインワンクリームでもいいと思っていました。でも、肌質、肌悩みは人それぞれで違います。嶋田ちあきさんは下地選びについて教えてくれました。くすみがちゃんと取れるか、潤いがちゃんとあるか、そして「1日崩れないか」この崩れないっていうのが下地に隠されていて、しっかり選ぶことで崩れ知らずのメイクが楽しめるようになりました。
(女性/20代)

メイクを始めた頃から参考にしています。ファンデーションを塗れば良いというものではなく、本人の顔色に合わせたベースメークの大切さや、上手にハイライトを使う骨格メイク、アイメイクなど、そのひと個人にあった物を選び、過度にメイキャップで素顔を隠さないメイクレッスンが気に入っています。今でもどうしてもマスカラなどを多めにしてパンダになってしまうときもあるのですが、その時にもう一度見直しています。ナチュラルメイクの素敵さ、大切さが本当によくわかります。アイシャドウも好きな色を乗せれば良いというものではなく、良いところを引き立てる色使いなど本当に勉強になります。年齢を重ねると隠す所が多くなるのですがあえて隠さない素顔、ナチュラルメークの先駆者のような気がします。
(女性/50代)

久保雄司(くぼゆうじ)・・・血色のよいメイクが特徴!

モデルからメイクアップアーティストに転身したキャリアの持ち主です。雑誌「CHOKi CHOKi」のモデルとして活躍後、山野美容専門学校を卒業。美容室「SHIMA青山」で美容師としてのキャリアをスタート。その後、2011年にSHIMAを退社し、2012年から木下公貴さんが立ち上げたサロン「KATE」のディレクターを経て、2017年に自身のサロン「SIX」をオープンさせました。

肩書は、美容師となっていますが、ヘアカットやアレンジだけでなくメイクも担当されています。メイクは、ナチュラルさを大切にされていて、「お風呂上がりのほてった感じ」や「寝起きのあどけなさ」を感じさせる、血色のよいのツヤメイクが特徴です。独自なメイクスタイルは、クボメイクやうぶバングと呼ばれ親しまれています。

雑誌モデルとしての経歴を活かして、数多くのファッション誌のヘアメイクを担当。2017年には、「VoCE」2017年10月号特別版で、キャンメイクとコラボして「リップティントシロップKV」という付録を開発! 書店で発売される1か月前にはネット予約で完売するという驚異の売れ行きを記録しました。

主な著作

  • #クボメイク
  • 美髪を叶えるパドルブラシ Beauty Book

公式サイトなど

Twitter:久保 雄司さん (@six_kuboyuji) / Twitter

メイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

久保雄司さんを知ったのは著書の「#クボメイク」をたまたま書店で手に取った事でした。カバーのモデルさんがナチュラルな可愛い系だったので、最初はアートブックみたいな感じかな?と思って読んだら、中身がとにかく濃い!ベーシックな手順をわかりやすく解説されていて、それでいて繊細なテクニックを惜しみなく披露されています。メイク初心者も上級者も参考にできる本でした。出版から少し月日は経ちましたが、今でも私のヘアメイク&スキンケアの大事なバイブルです。読むたびに、久保雄司さんのヘアメイクや女の子を可愛くすることへの情熱を感じ、美容へのモチベーションや可愛くなりたいという気持ちを心の奥底から掻き立ててくれます。
(女性/30代)

久保さんと言えば雑誌記事などで「生メイク」や「ちゅリップ」などで注目を浴びているメイクアップアーティストさんです。
久保さんのメイクはツヤツヤ生感で思わず、触りたくなるような仕上がりになり、最近メイクのヨレつきやカサつきが気になる私は釘付けです。ナチュラル素肌感を残しつつ、すっぴんではなく色感もしっかりのせるところがメイク初心者さんやオフィスメイク勉強中な人にはもってこいなのではないでしょうか。
コロナ禍のマスク生活真っ最中だから目元と眉のみだけ化粧をすればよいと思いがちでしたが、この生活にも皆慣れ、そうもいかなくなってきてメイク難民になっている人の救世主だと思います。これからも久保さんのようにツヤを自由自在に出せるように頑張りたいと思います。
(女性/20代)

より詳しい久保雄司さんの情報は、こちらの記事でご覧いただけます。

計良宏文(けらひろふみ)・・・ヘアメイクの文化的価値を高める!


資生堂専属のヘア&メイクアップアーティストです。資生堂「TSUBAKI」の広告やファッション雑誌のヘアメイクを担当したことで有名。卒業学校も、資生堂美容学校です。

髪の質感を生み出すヘア技術に定評があり、日本はもちろん、ニューヨークやパリでも評価されています。「枠にとらわれず、いろいろな方と一緒に新しい事をやっていきたい」という信念を持っていて、東京やパリでのコレクションでの活躍はもちろん、セミナー講師やヘアショーなどマルチにこなしています。メイクも、ナチュラルから独創的なデザインまで対応しています。

現代美術家や華道家、文楽人形遣いなど、さまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションも展開されていて、2019年には、日本のヘアメイクアップアーティストとして初めて公立埼玉県立近代美術館での個展「May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク」を行い「ヘアメイクの文化的価値を高めた」と話題になりました。

主な著作

  • KERAREATION

公式サイトなど

Instagram:計良 宏文/Hirofumi Kera(@hirofumikera) • Instagram写真と動画

メイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

もともと資生堂のコスメはとても好きだったのですが、資生堂さんとの対談動画で初めて計良宏文さんを知りました。
彼が伝えた言葉で胸にささったのが、日本人女性の美についての答えです。私の中では「舞妓さん」みたいな和装が似合い、凛とした出で立ちの女性をジャパニーズビューティーと呼ぶイメージでした。それが魅力だと思っていました。でも、これまで数多くの日本人女性をキレイに、美しく変身させてきた計良宏文さんは、「ナチュラルで洗練された」魅力があるとおっしゃっていました。粋って表現を日本人の美しさに落とし込むあたりは、さすがに考え方が違うと感じました。ナチュラル、洗練、粋、これを自分も意識したメイクを心がけたいです。
(女性/20代)

資生堂トップヘアメイクアップアーティスト兼ヘアメイクアップアカデミー&スタジオ「サブファ」校長を務める計良宏文さんのメイクやヘアスタイルのクリエイションは、従来の枠にとらわれない非常に独創的で個性的、「ハッと目を引く」ような鮮烈さがある特徴ですが、特に近代美術館で「計良宏文の越境するヘアメイク」展などの展示も披露されるなど、ヘアメイクのプロデュースの文化的価値を高めているところが面白いです。日常のメイクにそっくりそのまま取り入れるにはやや奇抜なメイクも多いですが、ビビットで大胆なアイシャドウやリップの色使いなどは、特別な日のメイクに使えると思います。「ルッキズム」や「ジェンダー」という概念への反省をメイクに活かすと言う計良さんの言葉は、メイクの可能性をさらに引き出しているなと思います。
(女性/30代)

さらに詳しい計良宏文さんの情報は、こちらの記事をご覧いただけます。

山本浩未(やまもとひろみ)・・・肌トラブルを解決する商品を開発!

メイク商品の開発なども行っていることで有名なメイクアップアーティストです。資生堂美容学校を卒業後、資生堂ビューティークリエーション研究所で商品開発に長年携わってきました。

その後、フリーとして独立し、「スチーム有限会社」を設立。雑誌や広告のヘアメイクはもちろんのこと、肌トラブルや骨格の悩みを解決してくれるメイク関連書籍の執筆、トークショーなど、精力的に活躍中です。

雑誌やWEB、メーカーからのインタビューを受けることも多く、ウェブメディアを通して、美容コラムを数多く発信しています。ほうれい線を目立たなくする表情ケアといった年配の方向けの美容スキルの紹介やメイクも行っていて、幅広い年代から支持されています。

また、2018年には、ビューティークリエーション研究所での経験を生かして、美肌を妨げる毛穴汚れや皮脂を取り除くことできる「スチーム洗顔タオル/スチームON顔®」をPLAZAと共同開発し、人気を博しています。

主な著作

  • 山本浩未の「キレイになりたい!」Q&A
  • 幸運体質のつくり方
  • 3分間ビューティー
  • メイクのからくり73
  • 「美しい素肌」をつくる24時間
  • メイクの真実
  • 美人はこの一冊で始まる 基本のメイク

公式サイトなど

公式サイト:steam.
Twitter:山本浩未のwhat's newさん (@hiromicoy) / Twitter
Instagram:山本浩未(@hiromicoy) • Instagram写真と動画
YouTubeチャンネル:hiromicohrm101 – YouTube

メイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

山本浩未さんがYouTube動画でされている、歳を重ねた世代向けの『メイク塾』がとても参考になります。くすんだり弛んだりと、40代は各パーツがぼやけてきますが、「一点光を乗せる」「薄い影を少し引く」といった、不器用な私でも簡単に出来るコツがたくさんあります。40代になり、欠点を補えるよう使うコスメも段々と高額のものになってきていますが、プチプラのものも使い分けることによって、充分見栄えが変わることを教えてくれています。動画内の山本浩未さんのコメントを聞きながらメイクを試していると、気持ちも明るくなってきます。人前に出ることがそんなにない日々であっても、メイクをして少しでも外に出て行きたい気持ちにさせてくれます。
(女性/40代)

大人の女性が日々のメイクに活かせるナチュラルで綺麗なメイクアップ法の紹介が多い山本浩未さんですが、特に参考になったのはメイクの基本とも言える「眉毛の綺麗な描き方」や、「眉のメイクを長持ちさせる裏技」的なハウツーでした。普段の眉メイクにちょっと工夫を加えるだけで時短しながらも綺麗なメイクの基本を毎日に活かせるテクが豊富でした。また、大人のマスカラの付け方という紹介も大変興味深く、大人になるとマスカラをこってりと根本からなるとどうしてもけばくなってしまうのですが、毛先にだけスタンプのように付けるだけで自然と目力がアップしてかつナチュラルメイクに慣れるというのが感動的でした。大人の女性が無理なく肌やまつ毛に負担をかけずに取り入れられるメイク法が豊富だと思いました。
(女性/30代)

松浦美穂(まつうらみほ)・・・後頭部や横からのシルエットを重視!

ヘアサロンTwiggy(ツィギー)のオーナー兼ヘアスタイリストを勤めています。ナチュラルさを大切にするメイクアップアーティストとして評判。

美容に関する学校を卒業後、美容師、ヘアメイクを経て渡英。最新のファッションやカット技法を学び、その後、日本で「Twiggy」をオープンします。

松浦さんのカットは、著名人に愛されていて、多くの女優、モデル、ミュージシャンといったファッション関係者が日々、「Twiggy」を訪れています。

正面のスタイル以上に、後頭部や横からのシルエットを大切にする「3Dヘア」が特徴。旬のスタイルを取り入れつつも、その人の個性を生かすスタイルは「ツィギーカット」言われ、評判です。「ヘアケアはライフスタイルを映す」という信念に基づき、多数の商品開発も行っていて、ヘアケアやセットの助言も多く行っています。

主な著作

  • どこから見ても美シルエット! 人気No.1ヘアスタイリスト 松浦美穂の3Dヘア

公式サイトなど

公式サイト:Twiggy
Instagram:松浦美穂(@twiggy.miho) • Instagram写真と動画
Twitter:松浦美穂さん (@matsuuramiho) / Twitter

ヘアメイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

松浦さんを知ったのはあるドキュメンタリー番組でした。彼女の作り出すヘアスタイルは全ての人の人生を表すと。サロンは 心も身体も綺麗になる場所 という言葉がとても印象的でした。身なりを整えるのはもちろん、綺麗になって気持ちも前向きになれる場所だということ。新しいヘアスタイルになってまた一歩前に踏み出す勇気やきっかけを与えてくれる。そんな彼女のスタイルが大好きになりました。また、環境問題にも積極的に取り組まれていて、サロンで扱われているヘアケア用品も環境に優しいものです。全ては繋がっているという信念の下に常に第一線にて活躍されている姿はとても美しく綺麗だなとはっとさせられました。
(女性/30代)

大人の女性に受け入れやすい軽やかで、モード寄りなヘアスタイルを得意とする松浦さんのヘアメイクアップの動画で、自宅で誰でも簡単にできるショートヘアのアレンジ方法を紹介されているのがとても参考になりました。自分自身も子どもを産んでからはかなり短めのヘアスタイルにすることが多くなったので、ロングとは違ったヘアスタイルの多彩な見せ方を学べて面白かったです。また、松浦さんはヘアに合わせたメイクの手法はよりナチュラルで盛りすぎない、モードかつ飾らないヘアスタイルに合うような普段使いのメイクが多いので、「メイクを頑張りすぎたくない」大人女子にはピッタリだと思います。短めの髪型でもヘアオイルやワックス、ジェルなどを上手く組み合わせる事で横から見た際に動きがあるヘアスタイルにする手法は30~40代以降も長く使えると思いました。
(女性/30代)

植村秀(うえむらしゅう)/シュウ ウエムラ・・・男性メイクアップアーティストのパイオニア

男性のメイクアップアーティストの先駆けとなった人物です。2007年に亡くなられました。

成城学園の前身にあたる旧制校を卒業後、1950年にハリウッドへ渡り、日本人唯一の男性メイクアップアーティストとして活動を開始しました。シャーリー・マクレーンさんのメイクに携わったことをきっかけに注目を集め始めます。

1964年 に日本へ帰国後は、日本初となるハリウッド式のメイクアップ・アトリエを開設し、1967年には「シュウ ウエムラ」ブランドの前身となる「ジャパンメイクアップ」を設立。

「自然・科学・アート」の融合をコンセプトにしたシンプルでありながらリッチなメイクが特徴で、日本人向けのクレンジングオイルも開発しました。女性の長所を活かす独特のメイクアップ技法は、没後10年以上が過ぎた今でも多くのメイクアップアーティストに引き継がれています。

主な著作

  • 美の巨匠・植村秀のことば

ヘアメイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

植村秀さんを知るというより、私たちの年代だとシュウウエムラのブランドを知っているっていう人が圧倒して多いと感じます。どうしても巨匠として、今は亡き人物なので、その人となりを知ることができません。できるのは、植村さんの書籍ぐらいではないでしょうか。
そんな中でも、植村さんにスポットを当てたメーキャップボックスの中をイメージしたショップが都心にオープンして、エンタメニュースにもなっていました。そこで見た映像美に関心を深めてしまいました。ショップの表向きから植村さんカラーで彩られていて、黒と赤が際立っていました。凛としたイメージ、日本の優美なイメージ、本来の日本女性はこうした色味が似合うのではないか、そうしたショップでした。シュウウエムラとしてのイベントの成功もあるでしょうが、植村さんという人物について魅せてくれている感じがして、行ってみたい衝動にかられました。
(女性/20代)

モードメイク、定番メイクが美しく仕上がるアイテムで有名なブランドですが、やはりオイルクレンジングは欠かせない存在です。素肌をいかしたメイクをするためには土台が重要です。その土台をつくるために、クレンジングの存在は外せないという考えは誰もが共感することでしょう。
こちらのクレンジングを使用して、他のブランドを使ってみると洗い上りに差が出ます。何を使っても、最終的にはこちらに戻るのです。
メイクに馴染み、ベタつきがなくスッキリとした洗い上りは1度体験するとどれ程優秀であるかが分かります。
また、欠点をカバーするのではなく、個性として上手にアピールするメイクには脱帽です。これまでの固定観念を覆されました。
(女性/40代)

千吉良恵子(ちぎらけいこ)・・・自然派メイクが特徴!

美容雑誌などで絶大な人気を誇るメイクアップアーティストです。美容学校を卒業後、美容師を経て、メイクアップアーティストとしての活躍をスタートされました。藤原美智子さんが主宰する「LA DONNA」に20年間所属し、「FRAU」や「VOCE」を中心に、多数の女性ファッション雑誌のメイクを担当。2012年に自身の会社「cheek one」を設立しました。

肌が弱いのでメイクを楽しめなかったという自身の過去の経験を踏まえて、肌の状態を整えつつ行うメイクが特徴。ファンデーションなどをあまり使わずに、自然に見えるツヤ肌メイクが特に人気です。

商品開発も行っていて、2010年には、美禅とコラボした「トリートメントリップグロッシー スイートシャイン」を発売。キレイになりながら唇のケアもできると人気を博しました。

主な著作

  • 千吉良恵子絶対キレイになるメイク―Making happy
  • 千吉良恵子の可能力メイク
  • LA DONNA ISM -すべての女性が美しくなる7の方法
  • 美人力を引き出す 千吉良恵子の効くメイク
  • メイクのヒント 毎日可愛くなれる

公式サイトなど

Twitter:千吉良恵子さん (@keikochigira127) / Twitter
Instagram:千吉良恵子 Hair&Make-up Artist(@chigirakeiko) • Instagram写真と動画

ヘアメイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

ハッピー感を大切にしている千吉良恵子さんのメイクテクニックを尊敬しています。年齢的にメイクを楽しめなくなってきたのですが、YouTubeで千吉良恵子さんのハッピーオーラ溢れるチークテクニックを観てすごく元気がでました。チークの使い方はすごく難しいなと感じますが、こうしてプロのチークの入れ方を学ぶことでメイクが楽しくなりますね。千吉良恵子さんのチークテクニックを学ぶことで、疲れている顔がパっと華やかになり気持ちが明るくなりました。チークの使い方ひとつでこんなに人の印象って変わるんだなと実感。自分でチークを入れるとすごく不自然になっていましたが、この動画を観ることでとても自然にチークを入れることができました。チークの選び方もわかり、さっそく新しいチークを買おうと思えました。
(女性/40代)

千吉良恵子さんのメイク動画で一番参考にして何回も繰り返し見ているのが「HAPPYオーラ溢れるチークテク」ですが、スフレ感のあるテクスチャーの明るいピンク色のクリームチークを使って、自然な血色感と明るさを肌に載せていく説明が分かりやすく、かつ日々のメイクに取り入れやすいのが良いです。また、ついつい盛りすぎてしまうメイクもしっかりぼかしていくテクニックを紹介されているので大人女子のナチュラルメイクをしっかり身につけたい人に良いと思います。色っぽさと旬ぽさはあるけど決してけばすぎない、大人らしいメイクが完成する動画の紹介が多いので信頼感もあります。また、「グラデシャドウは濃→薄の順で簡単プロ仕上げ」や、「チークを眉にオンする」など普段メイクのマンネリを打破する小技も効かせているのが千吉良恵子さんらしさがあって、面白いなと思っています。
(女性/30代)

より詳しい千吉良恵子さんの情報は、こちらの記事でご覧いただけます。

長井かおり・・・スポーツメイクの第一人者!

日本女子体育短期大学を卒業後、メイクアップアーティストになるという異色の経歴の持ち主。体育大学卒業の経歴を活かして、「スポーツメイクの第一人者」として、運動しても崩れないメイクを行っています。

短期大学卒業後、百貨店の美容部員として就職。美容部員として、メイクのスキルや技術を深めて、2005年にヘアメイクアーティストとして独立。「VOCE」や「MAQUIA」など数多くのファッション雑誌でヘアメイクを手がけています。

頬の高い位置からこめかみまでしかファンデーションを塗らないメイクが特徴で、「美肌ゾーンメイク」を提唱。顔の雰囲気が変わり「自分史上最強の美肌になれる」と話題に。

近年では商品開発も行っていて、2019年1月には、ミネラルコスメブランド「オンリーミネラル」とコラボし、マルチカラーパウダー「ミネラルピグメント」の限定カラーを発売しました。

主な著作

  • 必要なのはコスメではなくテクニック
  • 美しくなる判断がどんな時もできる
  • 長井かおりが教える「永遠の定番メイク」
  • 完全ビジュアル版 テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる 年代・流行・場所を問わない「一生モノの好感度メイク」
  • 世界一わかりやすいメイクの教科書 丁寧すぎるプロセス付き!

公式サイトなど

公式HP:KAORI NAGAI | オフィシャルHP
Instagram:長井かおり(@kaorimake) • Instagram写真と動画
Twitter:長井かおりさん (@nagaikaori0918) / Twitter

ヘアメイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

著書の「必要なのはコスメではなくテクニック」を持っています。この本を読んで、眉毛は整えすぎても垢抜けないということと、眉メイクの重要性に気付かされました。長井かおりさんがプロデュースしている「N by ONLY MINERALS」のアイブロウを購入して毎日使っています。使い心地も仕上がりもとても良くて、もうこの商品以外で眉毛を描きたくないというくらい愛用しています。2022年からYouTubeも始められたので、動画でも参考にさせてもらっています。メイクに関するお悩み相談の動画があるのですが、痒いところに手が届くくらいのちょうどいいチョイスの質問と、それに対する長井かおりさんの的確な回答がとても参考になる良い動画なのでもっと沢山の方に見てほしいと思いました。
(女性/30代)

時短でもしっかり、きちんと好印象に見えるメイクや、メイク初心者にも分かりやすい、取り入れやすいメイクを提案している長井かおりさんですが、私が特に面白いと感銘を受けたのは「マスク下でも崩れないメイク」と、「大人こそ下まぶたメイクに挑戦してデカ目」の動画でした。湿り気を帯びたスポンジで丁寧にベースを作ることで、運動をしても崩れないコツや、大人でも使いやすい繊細なラメで下まぶたの陰影とハリ感を出して自然と印象的な大きい目元を作るのが目から鱗のテクニック満載で見所がありました。普段のメイクテクにほんの少し工夫を加えるだけで格段に見違えるメイクを楽しみたい人にぴったりのレクチャーを実感できると思います。
(女性/30代)

より詳しい長井かおりさんの情報は、こちらの記事でご覧いただけます。

\メイクのプロをめざすなら/
メイク留学も就職もフォローしてくれるニューヨークメイクアップアカデミーがおすすめです。

藤原美智子(ふじわらみちこ)・・・ライフスタイルから美しくなるメイク!

「イキイキと輝く日々を。」をコンセプトに、大人が輝くメイクを提案してくれるメイクアップアーティストです。20代から60代まで幅広い年代からの支持を集めています。

日本のメイクスクールの草分け的な存在だった「IMAGO松永タカコ メークアップレッスンズ」を卒業後、スクールの代表でもある松永タカコさんの元でキャリアを積みました。その後、独立し、ヘアメイクアップマネジメント会社「ラ・ドンナ」を主宰。栄養コンサルタントの資格も持っていて、ライフスタイルから美しくなれるメイクを提案してくれるのが特徴です。

メイクアップだけでなく、「MICHIKO.LIFE」ブランド化粧品も多く販売しています。「豊かに、 ‘わたし’らしく」なれるということを大切にし、美・衣・食・住と心のスタイルのつくり方を発信しているメイクアップアーティストです。

主な著作

  • LIFE IS BEAUTY~美しく幸せに生きるための逆算思考 (単行本)
  • 美の宿るところ
  • オールアバウトハピネス―自分の色を見つけましょう
  • 新しい口紅は寝る前に試す シンプルビューティライフ 35のヒント
  • 美しい朝で人生を変える
  • 大人の女は、こうして輝く。
  • 「きれい」への77のレッスン
  • 大人ラン
  • 藤原美智子のパ-フェクトヘア-&メイク

公式サイトなど

公式サイト:MICHIKO.LIFE|藤原美智子が提案するライフスタイルブランド
Instagram:藤原美智子(@michiko.life) • Instagram写真と動画

ヘアメイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

藤原美智子さんのメイクアドバイスを参考にするなら、美容雑誌や動画も良いですが、私はもっぱら書籍派です。なぜなら自分で鏡を見ながら、書籍で書かれたポイントを照らし合わせながらメイクが出来るから。雑誌の美容特集でのメイクはやはりタレントやモデルなどのメイクなので、真似をしてメイクをしても自分に合うメイクにはならないということも客観的に判断できるのは、藤原美智子さんのメイク本を読んだおかげです。参考にしたのは、「藤原美智子のパーフェクトブック」という本。ここに書かれているポイントは、自分らしいメイクが大切で、自分の個である美しさを、存分に引き出すための、基本的なベースメイクや顔色にあったカラー選びのポイントを、どんな年代の方でも応用できるメイク法まで紹介してくれています。本を参考にして、メイクをするようになってから、流行色のカラーに飛びつくようなこともなくなり、自分らしいメイクができるように。藤原さんがこの本で教えてくれた、基本的なメイクや配色のバランスを、上手く実践できるようになったら、知人から、品の良いメイクと褒められるほどになったんです。まさに藤原マジック。自分の一番キレイに見えるメイクを教えてくれるのが藤原美智子流のメイクアップ法と言われているのですが、本当にそうだなと感じました。メイクに自信のない方や初めてメイクに挑戦する方も、藤原美智子流メイク法を基礎から学べば、自分流にあったメイク法でキレイを表現できやすくなるので、おススメです。
(女性/40代)

Webéclatの記事を読んで、母にも教えてしまうくらい「確かにそうだ」って頷ける言葉を沢山もらいました。藤原さんのメイクは基本50代とか、年齢を重ねた女性に向けたものだと思うんです。だから、私みたいに若い世代では藤原さんのメイクって「おんなじパターンだよね」っていうイメージしかありませんでした。
でも、記事で藤原さんが女性の魅力は「いきいき感」だと言っていたことに興味をそそられました。30代くらいまでは流行のメイク、トレンドメイクで楽しめるけれど、年齢を重ねるとそれらが不自然になってしまうといいます。ベーシックなメイクのほうがきれいに見える、しかもトータル的に流行りは2割入れるのが、生き生きメイクのポイントだといいます。飽きさせない、おんなじパターンでも血色がよければ「変わらないわね」って思ってもらえるってことで、若々しい印象を見せられるということを知り、考え方がガラッと変わりました。
(女性/20代)

より詳しい藤原美智子さんの情報は、こちらからご覧いただけます。

本田ヒカル(ピカ子)・・・時短メイクを開発!

「ピカ子」という芸名でお馴染みの本田ヒカルさんは、実はメイクアップアーティストでもあるのです。しかも、モデルからメイクアップアーティストに転身を遂げた経歴の持ち主です。

早稲田大学在学中にスカウトされ、ファッションモデルとしての活動をスタートさせました。しかし、モデルとして活躍するうちに、メイクに興味を持ち、メイクアップを猛勉強し、メイクアップアーティストへ転身を遂げます。

メイクアップアーティストとして1999年から活動し始めるや、ハリウッドにも進出。ブラッド・ピットさんやアリシア・キーズさんのメイクアップを手掛けて一躍有名になります。その後、日本の表参道に美容室「11 salon」をオープンしました。

メイクの技法は、時短ができる乳液まで引き算するベースメイクを特徴とし、「引き算メイク」という名で話題になっています。手間のかからない引き算メイクは、忙しいOLといった若い女性から圧倒的に支持されていて、女性ファッション誌やバラエティ番組などで特集を組まれることも多いです。最近では、自身の化粧品ブランド「LA MAKEUP」を立ち上げ、実業家としても大成功を収めています。

主な著作

  • ピカ素肌
  • ピカ子 メイクアップレッスン DVD付

公式サイトなど

Twitter:ピカ子さん (@hikaruhonda) / Twitter

ヘアメイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

時短でも美しくスッピン以上の美肌を作りながらメイクする「ピカ子流引き算メイク」が著名な本田ヒカルさんですが、過剰なスキンケアは要らない・化粧下地を指ではなくスポンジで丁寧に塗る・隠したい部分にだけ中心にファンデーションを乗せると言った、素肌の良い部分を極力活かすメイクテクが興味深い印象でした。アイシャドウも、無理にグラデーションを作らない・アイラインは目尻だけ・マスカラは黒目部分だけと言ったちょっと大胆な手法も、全てきちんと実践すればピカ子流のナチュラルだけど印象的なメイクが完成されるなと感動しました。特に、「化粧で盛りすぎたくないけどきちんと感を出したい」大人女子にピッタリのメイクテクだなと思い記事を読みました。
(女性/30代)

ナチュラルなツヤ感や負担をかけにくいメイクなど、彼の提案するメイクアップはどちらも参考になるものばかりです。ふっくらとしたリップの描き方、セレクトするカラーなど、1人1人に合うポイントをすぐに判断できるのは素晴らしいと思います。また、自然体で賢く真面目な人柄も、彼が多くの人たちから支持をされている理由につながっているのではないでしょうか。ストイックで美を追究し続けるその姿は美しいです。女性の美しさを引き出しつつ、オリジナリティーを大切にしたメイクアップは、年齢を重ねても続けていけそうな感じがします。リップの描き方などポイントメイクで雰囲気が変わるので、メイクアップがより楽しいと思えるようになりました。
(女性/40代)

濱田マサル・・・ナチュラルメイクの技法を確立!

美の天才とも呼ばれるメイクアップアーティストです。人気モデルから指名をされて、雑誌などのメイクを手がけることも多くあります。

メイクスクール卒業後、サロンのアシスタントとして実力をつけて、フリーのヘアメイクアーティストとして独立。

従来は、ただメイクを薄くすればいいと考えられてきただけだった「ナチュラルメイク」の技法を確立しました。「マチャルメイク」と呼ばれるナチュラルでもしっかり可愛くなれるメイクが特徴です。

とにかく丁寧なメイクをしてくれて、「濱田マサルさんがメイクをしたモデルさんはとてもかわいくなる」と評判。石原さとみさんや梨花さんなど、たくさんの有名人から人気です。

2012年にはブランド「ブランエトワール(blanche etoile)」を立ち上げ、肌悩みをカバーしてくれるコスメを多く販売しています。

主な著作

  • 鱗塾
  • 「読む」美容事典
  • 美容事典
  • 恋するメイク キラキラしたいすべての女性へ

公式サイトなど

ブランエトワール(blanche etoile):blanche etoile(ブランエトワール)公式オンラインショップ
Instagram:濱田マサル(@hamadamasaru) • Instagram写真と動画
Twitter:濱田マサルさん (@hamadamasaru) / Twitter

ヘアメイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

彼が仕上げたナチュラルメイクを見て、これぞ自分が求めていたものだと思いました。ナチュラルでありながらどこかオシャレで洗練されたイメージ…彼ならではの技です。メイクを見てこんな感じに仕上がるようになりたいと思ったのを今でも覚えています。1人1人の個性もきちんといかされているような気もしました。彼のメイクのポイントは、なんといっても自然な立体感です。
ほどよいつや感がヘルシーでとても素敵だと思いました。ナチュラルメイクだけどきちんと目力があって、さりげないのに印象的です。また、シンプルなコーディネートにもよく合います。メイクのポイントを身に付けてから、ファッションもそれに合わせて楽しむようになりました。
(女性/40代)

30代以降の大人女子の普段メイクに応用できるテクニックがご本人のInstagramや動画などで多数紹介されていますが、特に「きちんと感のあるのに濃すぎないナチュラルな好印象のママメイク」がとても参考になりました。ファンデーションも塗りすぎない・血色感を大切にした控えめチークとリップの色の乗せ方がとても自然で、大人にぴったりのメイクだなと思いました。アイメイクで目元のくすみ感や、リフトアップ効果を狙うメイク方法の動画もとても興味深く、普段のメイクアップを使って簡単にエイジングケアができるのだなと感動しました。また、大人になると目立ちやすい毛穴やほうれい線も肌に乗せるパウダーの乗せ方で綺麗に隠せるテクニックなど、初心者でも普段のメイクに取り入れるだけで見た目を簡単に変えられる方法の紹介が印象的でした。
(女性/30代)

カズ・ヒロ(辻 一弘)・・・アートとサイエンスの両面を探求する特殊メイクアップアーティスト

カズ・ヒロ(辻 一弘)さんは、ハリウッド映画で長年活躍してきた特殊メイクアップアーティストです。幼少期から人の顔やものづくりに興味を持っていて、独学で特殊メイクを学び、渡米。シリコン・樹脂をはじめさまざまな素材と技術を駆使した表現をハリウッド映画で開拓してきました。

2018年には、映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人として初めて受賞という快挙を成し遂げ、日本のみならず世界中から注目を集めました。

毛細血管の赤みやリアルな肌の質感など、アートとサイエンスの両面を探求し、独自の特殊メイクを開発し続けています。

主な著作

  • 顔に魅せられた人生

公式サイトなど

公式HP:KAZU HIRO

ヘアメイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

彼を知ったのは『シェイプオブウォーター』という映画の紹介記事でした。クリーチャーの目の部分を担当していて、日本のメイクアーティストにも職人のように活躍している人がいることを知ってとても興味を持ちました。また、アカデミー賞にもすでに三度輝いていることから、一般的なメイクとは違いますが、技術力によってここまで評価され重宝される人になることができるのだと尊敬するようになりました。その後は彼がメイクで参加している映画を選んで観たり、主に海外のものですが、載っている記事を探して読むようになり、自分の世界も広げてもらったように感じています。メイクアーティストのなかでも、職人技が光り、世界で活躍する人は彼だけではないかと思います。
(女性/30代)

彼の独創的でオリジナリティー溢れる特殊メイクは、まさにアートだと思います。これまで生み出してきた芸術性のある作品は、独学で学んできたというのだから驚きです。熱心に力を注がれてきた作品は、情熱のかたまりだと思います。これまでにさまざまなシーンで活躍の幅を広げてきた彼の腕前は海外でも高く評価され、関わってきた人たちを魅力しています。手作業でおこなわれる細やかで繊細なメイクは、1つ1つ温もりを感じられました。大量生産では、おそらくここまでできないでしょう。彼の手にかかれば目的していたイメージ通りのメイクが完成し、その仕上がりの素晴らしさは、一言では言い表すことはできません。素顔とはまったく違った印象に仕上がり、メイクを受けた本人まで驚かせます。
(女性/40代)

兵藤小百合・・・旬を感じるトレンドメイクが特徴

「さゆりメイク」「さゆり買い」のハッシュタグで知られる兵藤小百合さん。広告・映像・スチール撮影などの現場で活躍する一方、自身のYouTubeチャンネルではプロ視点でメイクテクニックやトレンドメイクの方法を伝える動画を幅広く配信しています。

学生時代に美容部員への就職を目指しながらも、自分にしかできないクリエイティブな仕事に出会うため単身フランスへ。現地でメイクの仕事に就く人々に刺激をうけたことで、メイクアップアーティストの道に進むことになりました。

SNSマーケティングが好きという自身の言葉通り、トレンド感のあるメイクが得意。SNSでは「動画を見ながらメイクをするとキレイに仕上がる!」といった喜びの声も投稿されています。

公式サイトなど

Youtube:兵藤小百合|さゆりメイク
Instagram:Sayuri Hyodo (@sayuri_hyodo)
Twitter:メイク│兵藤小百合(@sayuri_hyodo)

メイクを参考にしている人の感想・評判・口コミ

兵藤小百合さんのメイク講座は、普段YouTubeにて拝見しています。小百合さんの動画は、視覚的に分かりやすいものが多く、メイクの凄さを目で見て知ることができるので、普段から参考にさせて頂いています。小百合さんの動画の中で特に参考になったのは、面長解消のメイク法についての動画です。私は面長な顔がコンプレックスだったのですが、小百合さんの動画にてメイクで面長を解消できることを知り、そこからメイクに興味を持ちました。また、小百合さんの動画は、NGメイクなども紹介しているので、メイクを始めた頃の右も左も分からない状態の私にとって非常に参考になりました。小百合さんは、実際にモデルさんのメイクも担当されているそうで、流行りのメイクなども知ることができます。ためになる情報が多いので、メイクをする時はいつもお世話になっております。
(女性/10代)

兵藤小百合さんのYouTubeは、メイクのプロであれば常識として知っていることでも、一般人であれば知らない人が多いこともあるという視点に立って、いかに上手くメイクをするかということだけではなく、いかに失敗を少なくするかという視点から発信している動画が多く、自己流のメイクに限界を感じた人が見ると、驚きと納得と発見が生まれると思います。コスメ紹介も、予算や購入できる場所別にオススメ商品が紹介されていたりレポがあったりと、コスメ選びで失敗したくない人には非常に参考になります。特におすすめなのは、兵藤さん御本人が使ったことのないコスメを実際に使いながらレビューする動画。プチプラでもデパコスでも、メイクしたては綺麗なことがほとんどですが、時間の経過で崩れ方などもわかるので、自分が使用する際のシチュエーションを考えて、購入するかどうか決められるのは本当に便利だと思います。
(女性/30代)

SHOKO・・・「じぶん史上最高」を更新させるアンチエイジングメイク

多くの女優やモデルの間で「アンチエイジングに強いヘアメイク」と評判のSHOKOさん。およそ30年にわたって雑誌や広告のヘアメイクを担当し、5000人以上の美しさを引き出し続けてきました。シミやシワを隠すのはもちろん、フェイスリフト効果のあるマッサージを施すなど本来の美しさを底上げするメイクが得意です。

そのキャリアを活かし、YouTubeではメイクアップ方法だけでなくエイジングケアについても発信。年齢に合わせて食・美容法・メイクアップを見直すことの必要性を伝えています。

さらには美意識習慣の改善を目指す講座を開講するなど、リアルでもオンラインでも多くの女性の「じぶん史上最高」の更新を手伝うべく活動しています。

主な著作

  • 1秒で惹きつける人になる 読むだけで「最高の自分」!大人の美容BOOK

公式サイトなど

Youtube:SHOKO美チャンネル 【40代50代の為の美容法】
Instagram:SHOKO (@shoko.makeup)

かじえり・・・「真似メイク」からブレイクした発信型メイクアップアーティスト

発信型メイクアップアーティストとして活躍するかじえりさん。チャンネル登録者数が35.8万人(2023年7月時点)のYouTubeでは「元から美人風」なナチュラルメイクの方法を分かりやすく発信し、幅広い世代から支持されています。

かじえりさんのブレイクのきっかけとなったのは、10代の頃に発信していた「真似メイク」ブログです。有名女優やタレントの特徴をメイクに反映させた「真似メイク」は瞬く間に世間に浸透し、テレビ番組へのオファーが相次ぐなど一躍有名に。30代となった現在は真似メイクを生み出すに至った分析力を武器に、わかりやすく取り入れやすいメイク方法を多くの人に届けています。

2020年には公式ブランド「Enamor」を立ち上げています。

主な著作

  • 憧れの顔になれる!真似メイクBOOK
  • 真似メイクRECIPE
  • メイクやパーツへの悩みが一気に解決! 知りたいこと全部知ってかわいくなるメイクの教科書

公式サイトなど

公式ブランドサイト:Enamor
Youtube:KAJIERI CHANNEL
Instagram:かじえり(@kajierimakeup)

ALISA・・・ママならではの等身大メイク術を発信

「その人の顔の魅力を引き出すメイク」を得意とするALISAさんは、現役のメイクアップアーティストとして活動しながら同世代の30代・40代向けメイク動画をYouTubeで発信しています。

メイクによってコンプレックスから解放されたことがきっかけでメイクアップアーティストの道へと進み、スキルを磨くためロサンゼルスへ留学。帰国後は、テレビ局やブライダルでのメイク、専門学校の講師を務めるなど後進の育成にも力を入れています。

2人の子供を育てるママでもあるALISAさん。YouTubeでは、時間もお金もかけづらいママたちに向けてプチプラコスメを使ったメイクを提案するなど、自身の経験を活かした発信に注目が集まっています。

主な著作

  • 生まれつき美人に見せる黄金比メイク

公式サイトなど

Youtube:ALISAのメイク講座
Instagram:メイクアップアーティストALISA(@makeup.by.alisa)

ウォン・ジョンヨ・・・涙袋メイクの第一人者

韓国アイドルメイクのトレンドを牽引するウォン・ジョンヨさんは「涙袋メイクの第一人者」としても有名です。その腕前は多くの韓国アイドル・女優たちから支持され、絶大な知名度を誇る韓国ガールズグループ「TWICE」のメイクでは、なんと9名中4名を専属担当しています。

2008年よりメイクアップアーティストとして活動を開始し、2018年には韓国の江南(カンナム)にヘアメイクサロン「Bit.Boot HAIR&MAKE UP」をオープン。「TWICE」「BTS」など韓国を代表するスター達が通う人気サロンとしても有名です。

VIPたちに支持されるサロンのオーナーでありながら、SNSでは自ら情報発信するなど、オープンな活動も精力的に行なっています。

公式サイトなど

公式サイト:make you better
Instagram:WONJUNGYO(@bit.boot_jungyo)
Twitter:WONJUNGYO(@wonjungyo)

岸順子・・・「老け顔」の悩みを解決するオトナメイクが得意

大物俳優達の専属ヘアメイク担当を続けながら、YouTuber「化け子」として精力的に活動している岸順子さん。「化け子」名義で著書も出版しています。

芸能界でのメイク担当としてのキャリアは30年以上。長きにわたりベテラン女優達の美に向き合うなかで、年齢を重ねた肌を魅力的に見せるための独自のメソッドを構築しました。

その豊富な経験を活かし、54歳のときにはじめたYouTubeでは「老け顔」の悩みにスポットを当てた動画を配信。40代・50代に向けた大人のヘアメイク術を公開しています。自身の肌のシミやたるみをメイクで改善していく様子は「説得力がある」と好評を博しています。

主な著作

  • 『化け活。』
  • 化け子の脱オバベ Beauty

公式サイトなど

Youtube:ヘアメイク職人_化け子|ヘアメイク職人化け子の駆け込み寺
Instagram:ヘアメイク職人 化け子☆岸順子(@bakeko_kishi)

人気のヘアメイクアップアーティストについて調査しています

第1回調査

第2回調査

おわりに:憧れを見つけることがプロへの第一歩となる!

「雑誌でみかけた○○さんのメイクが好き!」「○○さんにメイクしてもらいたい」なんてこともメイク好きにはよくある話。これからプロを目指すあなたにとって、目標となる憧れのプロを見つけておくのも大事な勉強です。

また、憧れのプロがどんなメイクをするのか…を徹底的に勉強しましょう。プロに近づく一歩となるはず!