芸能人や有名人のメイクアップアーティストになるには?方法や勉強の仕方を紹介

        

芸能人や有名人のメイクアップアーティストになるには?方法や勉強の仕方を紹介

最終更新日:2020年05月11日

メイクアップアーティストの活躍の場はたくさんあります。なかでも、有名人のメイクをする仕事は人気です。芸能人や有名人のメイクアップアーティストになるには、向き不向きやコツがあります。この記事では、方法や勉強の仕方を徹底解説していきます!

未経験でも社会人でも主婦・主夫でも…諦めなくてOK!

ニューヨークメイクアップアカデミーなら
メイクを学びたいあなたのために全力でサポートしてくれます

芸能人のメイクアップアーティストとは?

芸能人のメイクアップアーティストは、テレビなどで活躍している芸能人のヘアメイク全般を担当する人のことです。テレビ業界では、メイクさん美粧さんと呼ばれ親しまれています。

テレビ局といったプロダクションに所属するパターンが多いですが、芸能人個人の専属として、その芸能人に日々付き添ってすべてのメイクを施すこともあります。

芸能人のメイクアップアーティストは、単純にメイクをすればいいわけではありません! 芸能人が出演する番組が真面目なものなのか、バラエティーなのか、どんな衣装を着るのか?といったことを把握して番組にふさわしいメイクを施します。CMや雑誌などに出る場合はスポンサーの意向なども反映しなくてはなりません。さらに、衣装との調和も考える必要もあるのです。

芸能人のメイクアップアーティストは、芸能人の魅力を引き出すのはもちろん、TPOに合ったヘアメイクを行わなくてはなりません。スキルはもちろん臨機応変に対応できる力も必要になるのです!

芸能人のメイクアップアーティストの仕事内容

芸能人のメイクアップアーティストの仕事内容は、芸能界で活躍するタレント、アナウンサー、モデル、アイドル、お笑い芸人などに対してそれぞれに合ったヘアメイクをすることです。

現場によって仕事の流れは異なりますが、以下のような流れで仕事を行います。

仕事の流れ

  • メイク道具などを準備してテレビ局や撮影現場へ出勤
  • 撮影前に出演者にメイクを施す
  • CMといった撮影の合間にヘアメイクの直しをする
  • 撮影終了後、メイク道具などを片付ける
  • 制作スタッフや制作会社などと次の仕事の打ち合わせをして帰宅

撮影が終わるまで帰ることができないので、帰宅が深夜になることもあります。限られた時間内で、期待に応えるヘアメイクをしなくてはならないので体力勝負の面もあるのです!

芸能人のメイクアップアーティストに求められるスキル

芸能人のメイクアップアーティストに求められるスキルは以下の通りです。

  • ヘアメイクの高い知識と技術
  • 相手のニーズを汲み取る力
  • 高いコミュニケーション能力や協調性
  • 芸能界の知識

メイクアップアーティストとしての知識やスキルはもちろん、番組がどのようなメイクを求めているのかを汲み取る力も必要です。また、番組は大勢の人と協力して作り上げるものです! 他のスタッフと協力できるコミュニケーション能力や協調性が必要になります。もちろん、仕事の現場である芸能界への知識も大切です!

芸能人のメイクアップアーティストに向いている人

芸能人のメイクアップアーティストに向いている人は以下のような人です。

芸能界が好き! 流行に敏感な人

芸能人は流行を生み出していく存在です。時代遅れのメイクをするわけにはいきません。ですから、芸能人のメイクアップアーティストは、トレンドの衰退にアンテナを張っている流行に敏感な人でなくてはなりません。メイクやヘアスタイリングが大好きで、流行を追えるセンスもある人が向いています。

おしゃべり上手で人付き合いの上手な人

芸能人の肌や髪に直接触れる仕事ですから、相手と信頼関係を築くことが大切です。本番前で緊張している芸能人の心を癒せるトーク力や相手の意向を聞き取ることのできる高いコミュニケーション能力がある人が向いています。

体力のある人

番組作りや撮影は、不規則に行われます。忙しいときは、早朝から深夜までぶっ通しでメイクをし続けることもあるのです。さらに、撮影現場が海外で移動が大変ということも……。

メイクアップアーティストは、重たいバッグを抱えて、立ちっぱなしでメイクをすることもあります。体力に自信がある人が向いています!

芸能人専属のメイクさんになるには?

芸能人や有名人のメイクアップアーティストになるには、まずは、テレビ業界などの仕事を請け負っているプロダクションに入社することです。プロダクションの求人は多くはないですが、ごくまれにネットなどで見つけることができます。

ただし、芸能界で活躍したいメイクアップアーティストは多いです。ですから、応募者多数の激戦区になる可能性があります。面接や試験を合格するためには、高いスキルが必要になってくるといえるでしょう。

まずは、メイクの学校に通って技術力などのアピールポイントを作ります。

メイクの学校に通えば、一般非公開の求人が届いたり、講師から業界へ紹介してもらえるチャンスもあります。芸能人のメイクさんになるには、まずは芸能界とのパイプがある学校に通うことが一番の近道なのです!

まとめ 有名人のメイクをしたいなら学校選びから!


有名人のメイクをすれば、番組を通して多くの人に自分のメイクを見てもらえます。体力勝負な面もある大変な仕事ですが、かなりやりがいはある仕事といえるでしょう。

芸能人のメイクをするには、高い技術力やプロダクションとのパイプが必要です。これらの要素は、個人ではなかなか手に入りません。
卒業生がプロダクションなどに多く就職できている専門学校や大学に入学することが不可欠。まずは、学校選びからスタートしてみてください!