メイクのプロを目指せるスクール・専門学校比較・おすすめ・ランキング情報サイト

        

メイクのプロを目指すあなたにぴったりのスクール・専門学校が見つかる

メイクのプロを目指すなら、専門学校・スクール選びは慎重に

時間をかけずにメイクのプロになりたいならば「専門学校」や「スクール」に通うのが一番です。雰囲気や立地などで選んでしまいがちですが、確実にプロになりたいならば、学校選びは慎重に行う必要があります。

一口に、メイクの専門学校・スクールといっても、メイクアップの技術習得に徹底的に力を入れている学校もあれば、美容師免許が取れる学校などもあるのです。また、現場で活躍しているプロを講師に迎えていて、ヘアメイク業界に太いパイプを持っているところも存在します。業界にパイプがある学校ならば、卒業後の就職もかなり保証されています。

どの専門学校・スクールを選ぶかによって、習得できるスキルや就職のしやすさが変わってくるのです。専門学校・スクール選びによって、自分の将来が変わってくるといっても過言ではありません!特性をしっかりと把握して、自分のやりたいことや将来像に合う学校を選ぶ必要があるのです。

メイクの専門学校・スクールはどう選ぶのがいいの?選び方のポイント

メイクの専門学校・スクールは自分のやりたいことや将来像に合わせて慎重に選ぶ必要があります。選び方のポイントとしては、以下の4つがあります。

ポイント①:カリキュラムや取得可能な資格で選ぶ
一口にメイクといっても種類はさまざま。学校ごとに強みとする分野や取得可能な資格は異なります。自分が将来どのようなメイクアップアーティストになりたいのかを考えて、学校ごとのカリキュラムや取得可能な資格を確認しておく必要があります。たとえば、結婚式場のメイクアップアーティストになりたいならば、ブライダルメイクなどを学べるスクールを選ぶ必要があります。
ポイント②:講師の実績や自分との相性で選ぶ
どんな人に教えてもらえるのかも重要なポイント。学校のホームページには、どのような講師がいるかが紹介されています。ホームページの情報や講師の作品などを見て、「尊敬できる先生か?」「自分が手掛けてみたいメイク術をもっているか?」という点をチェックしましょう。また、オープンキャンパスなどで講師と話をしてみて、自分と相性が合いそうか? という点も確認しておくと良いです。
メイクアップの例
ポイント③:スクールの雰囲気で選ぶ
メイクの学校には、2~3年は通うことになります。1年制の学校もありますが、長くても短くても、自分の肌に合わない学校だったり、自分とはタイプの違う学生が多く在学している学校だったりすると毎日の通学が苦痛になってしまいます。オープンキャンパスなどで在学生の雰囲気や構内の様子を確認し、自分に合っているかを確認しましょう。
ポイント④:就職先や就職率で選ぶ
せっかくメイクアップの技術を習得しても、将来スキルを活かせなくては意味がありません。学校からの就職率は高いのか、近年の就職先は有名なところか、自分が働きたいような場所に卒業生が就職できているか、といった就職サポート力の強さで選んでみましょう。
メイクアップアーティストとして仕事をしている様子

メイクスクール・専門学校選びに関する最新記事

最新記事をもっとみる