計良宏文さんのようなメイクアップアーティストになるには?メイクの特徴や目指し方を徹底解説

        

計良宏文さんのようなメイクアップアーティストになるには?メイクの特徴や目指し方を徹底解説

公開日:2021年10月12日

計良宏文さんは、2021年に開催されたパラリンピック開会式のヘアメイクを担当したメイクアップアーティストです。多様性を表現したメイクは世界的にも大きな話題になりました。

メイクアップアーティストを目指している方の中には、パラリンピック開会式を見て計良さんのメイク術に憧れた方も多いでしょう。

計良宏文さんのようなメイクアップアーティストになるには、留学もできるメイクの専門学校やスクールに通うのがおすすめです。詳しく確認していきましょう。

計良宏文さんのメイクとは?

計良宏文さんのメイクは、カラフルで洗練されたものです。パラリンピックの開会式のメイクには、計良宏文さんのメイク術のすべてが凝縮されています。開会式映像をご覧いただくと、メイク術の素晴らしさを実感できるでしょう。

カラフルでありながらも洗練されている。不思議な調和が取れているのが計良宏文さんのメイクです。

計良宏文さんのメイクの特徴

計良宏文さんのメイクの特徴は独創的で芸術的という点にあり、現代アートの観点で面白いメイクを施す試みをしているのです。

パラリンピックでは出演者に個性的なヘッドピースを施すなど、唯一無二のスタイルを見せました。

計良宏文さんのメイクは見た人の目にパッと止まるような個性が特徴で、文化的価値の高さと芸術的な雰囲気が漂うヘアメイクです。

たとえば、秋葉原発のアイドルであるでんぱ組.incのヘアメイクを担当した際には、発泡スチロールを使ったウィッグを作るなどして、等身大のフィギュアのような雰囲気のメイクを施したことで話題になりました。

また、愛知県のPRイベントでは、俳優の松平健さんに犬山城の天守閣を模したカツラをかぶせたことで、強烈なインパクトのある広告として話題を呼びました。

計良宏文さんのメイクはどんな人におすすめ?

計良宏文さんのメイクは、特別なシーンとの相性が抜群です。普段の自分とは違う、別人のような自分になりたい人に向いているでしょう。

華やかな色使いや生き生きとした美しさがあるので、ランウェイを思い起こさせるような華やかさを求める人ならば満足できるでしょう。

計良宏文さんのようなメイクアップアーティストになるには?

計良宏文さんのようなメイクアップアーティストになるには、メイクの専門学校やスクールでしっかりと勉強して、実地でスキルを磨いていくのがおすすめです。

公式サイトのプロフィールによると、計良宏文さんは資生堂の美容学校に通い、卒業後は7年間サロンに勤めて、その後はパリコレに参加するなど多様な仕事をこなすようになったことがわかります。

計良宏文さんのような個性的なメイクアップアーティストになるには、まずは基礎からメイク技術を習得します。メイクの専門学校やスクールに通って、いろんな人の肌にメイクを施して、メイクのスキルや感覚を染み込ませていきましょう。

また、計良宏文さんはパリコレなどの経験を生かして活躍されていることから、海外で活躍することも視野に入れているメイクの専門学校やスクールに通うのもおすすめです。

おすすめのメイクの専門学校やスクールはこちらの記事でまとめて紹介しています。参考にしてみてください。

おわりに:計良宏文さんのようなメイクアップアーティストになるには、留学も視野にいれよう

計良宏文さんは、芸術的で独創的なメイクを行うことで有名なメイクアップアーティストです。2021年に開催されたパラリンピック開会式のヘアメイクを担当するなど、日本を代表するメイクアップアーティストといっても過言ではないでしょう。

計良宏文さんのようなメイクアップアーティストになるには、基礎的なメイクスキルを学ぶだけではなく、さまざまな人種の肌にメイクをしたり、いろんなメイクを目で見て学んだりしながら感性を磨いていくのも大切でしょう。