美容部員(BA/ビューティーアドバイザー)のメイク技術を向上させるには?最短でスキルアップできるコツを紹介します

        

美容部員(BA/ビューティーアドバイザー)のメイク技術を向上させるには?最短でスキルアップできるコツを紹介します

最終更新日:2021年11月11日

憧れの美容部員(BA)になれたものの、満足できるメイクが提供できない……。そんな悩みを感じている方は案外多いようです。

この記事では、そもそもなぜメイク技術に自信が持てないのか、どうすればスキルアップできるのかなどメイク技術向上のコツを詳しく解説していきます。

これから美容部員(BA)を目指す方は、こちらの記事も参考にしてください。

未経験でも社会人でも主婦・主夫でも…諦めなくてOK!

ニューヨークメイクアップアカデミーなら
自宅でもプロのメイク技術が学べます

せっかく美容部員(BA)になれたのに自分のメイク技術に不安がある…

美容部員の中には、「本当に自分のメイクはこれでいいのだろうか?」「お客さまをきちんと満足させることができていない気がする」「ご案内したコスメを買ってもらえない…」といった不安を抱えている人が多いようです。

美容部員の多くは、就職前に専門学校などでメイクのスキルを学んできたはずです。しかし、メイクの旬やトレンドは日々変わっていっています。卒業後も自分で勉強しないと、トレンドから外れたメイクしかできなくなってしまうのです。さらに復習しないことで、せっかく身につけたスキルを忘れてしまっているということもあるでしょう。

ただし、社会人は忙しく、仕事以外でメイクのことを考えたくない!という人も多いはず。その結果、不安を抱えつつ美容部員の仕事をすることになるのです。

美容部員(BA)のメイク技術を向上させるには?

美容部員(BA)のメイク技術を向上させるには、トレンドからおいて行かれないように日々練習することが大切です。具体的な方法を確認しておきましょう。

独学でもメイク技術はあがる?

もしも、すでに専門学校などを卒業しているならば、独学でもスキルアップは可能といえるでしょう。学校で基本的な技術は習得済みですから、勤務時間外に新商品を積極的に使ってトレンドのメイクの練習をすれば、技術向上できるでしょう。

また、スキルの復習を兼ねて資格試験を受けてみるのも一つの手だといえるでしょう。資格を取れば、待遇が良くなったり受験費用を一部負担してくれたりするブランドもあるので、勤務先の規定を確認してみてください。

やっぱりメイク専門学校がおすすめ?

美容部員としてのスキル向上には練習が大切です。しかし、独学だとメイクの仕方に偏りができたり、効率良く学びたい、プロから意見が欲しいと考えている人も多いでしょう。

このような場合は、やはりメイク専門学校やスクールに通うのがおすすめです。共に頑張る仲間がいるのでやる気もでますし、美容部員向けの短期間集中スクールなどもあるので短期間でのスキルアップが期待できます。

おすすめのメイクアップスクールはこちらの記事で紹介しています。
自分に合った学びやすいスクール探しにお役立てくださいね。

また、独学で美容部員になった人も、必要なスキルや基本的なメイク技術を教えてもらえるのでメイク専門学校やスクールはおすすめになります。

メイク技術にとっておきたい資格やスキル

メイク技術に自信をつけたいなら、資格を取って客観的に評価してもらうのもおすすめです。以下のような資格やスキルを取ってみましょう。

とっておきたい資格

美容の資格は多いですが、美容部員に必要なスキルを証明してくれる資格には以下があります。

  • 日本化粧品検定
  • スキンケアマイスター
  • スキンケアアドバイザー、スキンケアカウンセラー
  • 日本メイクアップ技術検定
  • メイクアップアドバイザー検定
  • メイクセラピー検定

これらのうち、自分が持っていない資格の取得を目指してみましょう。

もっておきたいスキル

美容部員は、接客業でもあるのでメイク技術さえあれば良いというものではありません! メイクスキルはあるはずなのに、お客さまが不満そうに感じるなら、以下のスキルが不足している可能性もあります。

  • 接客スキル・・・お客さまのニーズを理解し正しく接客する必要があります
  • 語学力・・・最近は、中国を中心に海外のお客さまも増えています。対応できる語学力が求められています

これらのスキルの向上も目指しましょう。

また、プロのメイクアップアーティストになるにはどうしたらいいか、こちらの記事で詳しく解説しています。

今はメイク技術を自宅でも学べる時代!

美容部員が自信を持って業務にあたるには、一定期間ごとに自分のメイクスキルを更新していくことが大切だといえるでしょう。

今のトレンドはどのようなもので、どんなメイクが求められているのかを知っていくことが大切です。そのためには、雑誌などで情報収集を欠かさないようにし、新商品を使ったトレンドメイクなどの練習が不可欠。

そのためには、専門学校などで教えてもらうのが一番ですが、美容部員として働いているとなかなか時間が取れないことを心配されている人も多いはずです。しかし、今はネットワーク技術の向上により、スマホで自宅授業も可能なメイク専門学校やスクールが増えています。

スマホで受講できる場合、動画などでメイクを撮影して、添削してもらう流れです。通学するのと遜色ない技術が身につきます。また、短期間集中でメイクレッスンを受けられる学校などもあるので、自分のライフスタイルに合うかも考慮しつつ、メイクの専門学校やスクール選びをしてみましょう。

通信でメイクを学べるスクールも増えてきました。自分のペースで受講できるので、通学できないと諦めていた方におすすめです。中でもグローバルなメイクができるようになるニューヨークメイクアップアカデミー(NYMA)がおすすめです。

こちらから無料で資料請求できますので、気になる方は問い合わせてみてください。

おわりに:美容部員は就職後も日々スキル向上を目指すのが大切!

メイクの流行やトレンドは日夜変化しています。トレンドを意識しつつ、お客さまが満足するメイクをするには、自分自身のスキルの向上が大切になってくるといえるでしょう。

しかし、働きながらだとスキル更新が難しいのが実情といえます。また、自分一人では情報収集が難しいこともあるでしょう。やはり、メイクスキル向上のためにも、メイクの専門学校やスクールに通うのが一番といえます。

今は、通信制のものや短期間で卒業できる講座もありますので、自分のライフスタイルを大切にしながらメイクの専門学校やスクール選びをしてみてくださいね。